頭痛の治療は原因によって変わる【貴方に合った治療方法を探る】

先生

気持ちをリラックスさせる

病院

頭痛の治療では体のバランスを整えることが何よりも大切になるのです。そのためには自然に気持ちが落ち着くと最小限の薬で最大限の効果を引き出すことが出来ます。このように自分の体を理解したうえで生活していくと良い結果に繋がります。

Read More...

頭の痛みの治し方

病院

頭痛は大きく3種類に分けることができますが、種類ごとに痛みが起こる原因や症状の出方が異なっています。的外れな対処をすると逆に痛みを悪化させてしまう可能性が高いので、頭痛で悩んでいる人は早めに医療機関を受診して適切な治療を受けるようにした方がよいです。

Read More...

頭が痛い時の対処方法

悩み

日常の痛みへの対応の仕方

何かでふいに頭痛が起こる、あるいは毎日にように痛むということはありませんか。特に仕事や家事をしている時の痛みはとても厄介なものです。このような時は早めに病院に行って、薬による治療をしてもらうのが一番です。痛むとつい市販の鎮痛剤を飲みたくなりますが、あまり頻繁に飲んでいると、薬物乱用頭痛といって、かえって痛みがひどくなることもありますので気を付けたいものです。特に月に10日以上、それも予防的に飲んでいるような場合は、常習することにより痛みに鈍感になってしまうため、かえって痛みがひどくなってしまうのです。病院に行く時間が無くて、一時しのぎ的に飲むのであればまだいいのですが、自己流の治療はくれぐれも慎むようにしてください。またこのような症状が起こった時は、病院に行くようにしましょう。そこで一旦服用を2か月ほど中止して、鎮痛剤を服用する前の状態に戻し、それから改めて頭痛の治療を行うことになります。また、頭痛にもいくつかのタイプがあり、それぞれ症状が異なります。一般によく観られるのは偏頭痛と緊張型頭痛です。前者は頭の片側がずきずき痛むことが多く、そのような場合は痛む部分を冷やして安静にすることでいくらか治まります。一方後者は頭が締め付けられるように痛みます。その時は痛む部分を温めるとか、動き回ったりすることでよくなることがあります。それとは別に群発頭痛というものもあり、ある時期を境に痛みが連日のように起こります。ただしどの場合も自己判断だけで治療するのは危険です。

痛み方の種類とその原因

ところでこれら3つの頭痛の特徴ですが、偏頭痛の場合、痛みは毎日というわけではなく、週に2回ほどということが多いです。痛み以外に吐き気や嘔吐、あるいは光や音による刺激といった症状があります。また何となく目が見えにくくなり、動くとよけいひどくなります。原因としてはストレスから解放されたり、あるいはお酒を飲んだりといった点が挙げられます。血管が拡張することにより痛みがひどくなるのです。その一方で緊張型頭痛ですが、こちらは連日頭痛に悩まされることが多いです。原因としては主にPCを使ったり、車の運転をしたりしていて、同じ姿勢を続けた場合に筋肉が収縮して起こるようになります。その他にも、精神的なストレスによる緊張が原因となることもあります。また群発頭痛というものもあります。痛みの原因としては偏頭痛に似ていますが、こちらは季節が変わるなどした場合に、連日起こるようになり、2か月ほど痛みが続くこともあります。この場合もお酒やタバコが原因ということが多いので、薬での治療に加えて、生活習慣を改めることが何よりも求められます。ただいずれの場合も、薬を処方してもらったり、あるいは生活習慣を改めたのに治らない場合は、脳神経科や心療内科などのある病院に行って検査を受けるようにしましょう。一口に頭痛といっても、脳疾患や循環器の病気などの可能性もあるからです。特に吐き気がやまないとか、あるいは発熱があるような場合はすぐに病院に行くようにしましょう。また耳や鼻の病気でも頭が痛むことがあります。

我慢せずに改善

先生

頭痛は原因を見極めて適切な治療を受けましょう。我慢していれば治るからと自己判断で適当な対処をしたり放置することは大きな病気を見逃してしまうことにも繋がります。正しい対処法を知ることで日常生活をより豊かなものにしましょう。

Read More...